amp-analyticsの基本からクリックイベント・スクロール量の計測を行うサンプルコードまで – AMP HTML入門

記事修正日

記事投稿日

去年2015年10月のAMP発表当時はGoogle Analyticsでのトラッキングのためにamp-pixelを使う必要がありましたが、amp-analyticsコンポーネントの導入によって簡単にトラッキングコードを作成することができるようになりました。2016年10月にはGoogle Tag ManagerでもAMPがサポートされるようになり、ますますAMPの環境が整ってきたという印象です。ということでここではGoogle Analyticsの基本からamp-analyticsの説明、ページビューのトラッキング、クリックイベントのトラッキング、スクロール量の計測を行うためのコードを紹介します。... 続きを読む

Facebookの投稿Feedを取得してAMP HTMLのamp-facebookで表示させる手順のまとめ

記事修正日

記事投稿日

APIがコロコロ変わって何かと面倒で有名なFacebookですが、投稿フィードを取得してAMP HTMLのamp-facebookを使ってページに埋めこむWordPressのプラグインを作成したので、その際に必要となった手順をまとめました。APIのバージョンは2016年10月現在最新のv2.8です。... 続きを読む

AMP Projectが広告表示を高速化させたAMP4ADSの準備を進めている件

記事修正日

記事投稿日

WordPressでプラグインを入れたりしてAMP対応している方はご存知だと思いますが、Search Consoleの「検索での見え方」→「Accelerated Mobile Pages」でAMPで作ったページのエラーを確認することができます。ここでエラーのあるページがあると「検証ツールを実行」というボタンからAMP検証ツールへ飛ぶことができます。先日これを見ると、HTML Formatのところに『AMP』と『AMP4ADS』というのが選択できるようになっていました。これはなんだ?と思ってググってみると、どうやらAMPのサブセットとしてAMP4ADSというのが準備されているようなので、今更ですがその概要をまとめて見ました。... 続きを読む

AMP (Accelerated Mobile Pages) プロジェクト入門:新しいフレームワークとしてのAMP HTMLを用いてWebサイトを制作する

記事修正日

記事投稿日

モバイルでのWebページの高速表示を可能にしてくれるGoogleのAMP (Accelerated Mobile Pages)プロジェクト。これはAMP HTMLというオープンソースのフレームワークを用いて実現されます。これまでWebサイトのコーディングといえば、HTMLを書いてCSSを書いて(場合によってはBootstrap等のフレームワークを用いて)、jQueryのプラグインとかを突っ込んで動きをつける、みたいな感じだったと思います。今回はこの新しいフレームワークであるAMP HTMLを、従来のWebサイト制作に置き換えるものにできるのかを試してみました。以下で作ったサンプルは2016年1月1日現在でAMP HTMLのValidatorをパスしていますが、今後の仕様変更によっては書き換えが必要な場合もあるので注意してください。... 続きを読む