デザイン全体の印象を大きく左右する「配色」。配色センスに自信がない、どんな色の組み合わせがいいのかイメージが湧かない、といった人にも便利な配色お助けツールはたくさんあります。今回は人工知能を用いて自動的にいい感じの配色を生成してくれる「Colormind」をご紹介します。

Colormindの基本的な使い方

Colormindのページはこちら まずトップページはこんな感じ。”Generate”をクリックすると、相性の良い5色のカラーパレットがランダムに生成されます。ポチポチと押して色々な配色パターンを見ているだけでも楽しいです。   気に入ったカラーがあれば、鍵マークのアイコンをクリックして固定させることができます。   矢印アイコンで配置を変えることができるます。   カラーパレット内の配置によって生成される配色も変わってくるので、色々と試してみると良いようです。   鍵マークのアイコンの隣をクリックして、個別のカラーパレットの色調整も可能です。   その他にも、アップロードした画像からカラーパレットを生成することもできるので、色々と試してみると面白いです。   どういう仕組みでディープラーニングが使われているのか等、もっと詳しく知りたい!という方は、下記のリンクを貼っておきますので見てみてください。 Generating color palette with deep learning