Ionic 2 & Ionic 3のプロジェクトをElectronアプリとしてビルドする

記事修正日

記事投稿日

モバイルアプリをHTML/CSS/JavaScriptといったフロントエンドの技術で制作できるIonicですが、Ionic 2.2からSplit Paneが実装されたことで、モバイルアプリだけではなくデスクトップをサポートするウェブアプリを制作するための環境が揃ってきました。Ionicではモバイルアプリかウェブアプリのビルドしかできませんが、Electronを使えばデスクトップアプリのビルドもできます。つまり、共通のソースコードで Android iOS Windows Phone macOS Windows Linux という主要なプラットフォームをすべてカバーするアプリを制作することができるようになります。ということでここではIonicプロジェクトをElectronでビルドする手順を紹介します。 ... 続きを読む

Ionic 2.x.xからIonic 3.0.xへ移行する方法とIonic 3.0.0での変更点のまとめ

記事修正日

記事投稿日

2017年4月7日にIonic 3.0のリリースがブログでアナウンスされました。Angular 4.0.0に正式に対応したり、Ionic Pageデコレータが追加されたりしています。ということでここではIonic 3.0での変更点と2.xからの移行方法をまとめました。... 続きを読む

XSERVERで最新サーバに移行してLinuxbrewをインストールするまでの手順

記事修正日

記事投稿日

2016年11月29にからXSERVERでは旧仕様のサーバ(sv1~sv1999.xserver.jpサーバー)から最新サーバ(sv2001.xserver.jp以降)への移行が始まっています。2017年3月29日時点ではsv1~sv1299.xserver.jpサーバーが対象となっていて、自分が契約しているサーバが含まれていたので早速移行してみました。移行後はgccを始めとした諸々がバージョンアップされているので、これまでできなかったLinuxbrewのインストールもしておきました。ということでその手順のまとめです。... 続きを読む

macOS Sierra でスクリーンショットのファイル形式・保存先・保存ファイル名を変更したり影をなくしたりする方法

記事修正日

記事投稿日

Macでは command(⌘)+ shift + 3 で画面全体のスクリーンショットを撮ることができます。また3を4にすると撮影範囲を選択することができます。デフォルトではPNG形式のファイルがデスクトップに保存されるようになっていますが、ここではそれらを変更する方法をまとめておきます。... 続きを読む

amp-analyticsの基本からクリックイベント・スクロール量の計測を行うサンプルコードまで – AMP HTML入門

記事修正日

記事投稿日

去年2015年10月のAMP発表当時はGoogle Analyticsでのトラッキングのためにamp-pixelを使う必要がありましたが、amp-analyticsコンポーネントの導入によって簡単にトラッキングコードを作成することができるようになりました。2016年10月にはGoogle Tag ManagerでもAMPがサポートされるようになり、ますますAMPの環境が整ってきたという印象です。ということでここではGoogle Analyticsの基本からamp-analyticsの説明、ページビューのトラッキング、クリックイベントのトラッキング、スクロール量の計測を行うためのコードを紹介します。... 続きを読む

PHPでSearch Console API (Webmaster Tools API)を叩く

記事修正日

記事投稿日

新しくウェブサイトを作るたびにSearch Consoleでhttp/httpsとwwwあり/wwwなしのURLを登録するのが面倒になってきたので、APIを叩いて一気にできないものかと思ってSearch Console APIを使ってみることにしました。ということでGoogle APIs Client Library for PHPを使ってSearch Console APIを叩く手順をまとめました。... 続きを読む

Laravel SocialiteをベースにしてLaravelにLINE loginを実装するための手順

記事修正日

記事投稿日

LaravelにはオフィシャルパッケージとしてSocialiteというのが用意されています。これを使うとFacebook, Google, linkedIn, GitHub, BitbucketといったサービスでのOAuth認証を簡単に実装してくれます。プロバイダーとして使えるサービスはこれ以外にもたくさんあって、Socialite Providersにいくと有名どころのサービスのプロバイダーがもれなく用意されています。残念ながらLINEのOAuth認証がこのリストになかったので、自分で用意することになりました。ということでLaravelにLINE loginを実装する手順をまとめてみました。ここではLaravel側の手順を説明するため、LINE側でのビジネスアカウントの作成、チャンネルの作成、LINE Loginの有効化までは終わっているものとします。... 続きを読む

Facebookの投稿Feedを取得してAMP HTMLのamp-facebookで表示させる手順のまとめ

記事修正日

記事投稿日

APIがコロコロ変わって何かと面倒で有名なFacebookですが、投稿フィードを取得してAMP HTMLのamp-facebookを使ってページに埋めこむWordPressのプラグインを作成したので、その際に必要となった手順をまとめました。APIのバージョンは2016年10月現在最新のv2.8です。... 続きを読む

AMP Projectが広告表示を高速化させたAMP4ADSの準備を進めている件

記事修正日

記事投稿日

WordPressでプラグインを入れたりしてAMP対応している方はご存知だと思いますが、Search Consoleの「検索での見え方」→「Accelerated Mobile Pages」でAMPで作ったページのエラーを確認することができます。ここでエラーのあるページがあると「検証ツールを実行」というボタンからAMP検証ツールへ飛ぶことができます。先日これを見ると、HTML Formatのところに『AMP』と『AMP4ADS』というのが選択できるようになっていました。これはなんだ?と思ってググってみると、どうやらAMPのサブセットとしてAMP4ADSというのが準備されているようなので、今更ですがその概要をまとめて見ました。... 続きを読む