amp-analyticsの基本からクリックイベント・スクロール量の計測を行うサンプルコードまで – AMP HTML入門

記事修正日

記事投稿日

去年2015年10月のAMP発表当時はGoogle Analyticsでのトラッキングのためにamp-pixelを使う必要がありましたが、amp-analyticsコンポーネントの導入によって簡単にトラッキングコードを作成することができるようになりました。2016年10月にはGoogle Tag ManagerでもAMPがサポートされるようになり、ますますAMPの環境が整ってきたという印象です。ということでここではGoogle Analyticsの基本からamp-analyticsの説明、ページビューのトラッキング、クリックイベントのトラッキング、スクロール量の計測を行うためのコードを紹介します。... 続きを読む

2017年のウェブ制作に欠かせないAMP・レスポンシブデザインをぜひ体験してください

記事修正日

記事投稿日

検索エンジン最適化(SEO)は今やウェブサイト制作には欠かせないものになっています。ウェブサイトは制作してそれで終わりではありません。SNSを通した発信に始まり、インターネットの検索でいかに多くのユーザー(顧客)の目に触れさせることができるかが鍵となります。そのときに必要となるのがSEO対策です。今日は2017年のSEOトレンドになるであろうAMP(Accelerated Mobile Pages)について紹介します。... 続きを読む

PHPでSearch Console API (Webmaster Tools API)を叩く

記事修正日

記事投稿日

新しくウェブサイトを作るたびにSearch Consoleでhttp/httpsとwwwあり/wwwなしのURLを登録するのが面倒になってきたので、APIを叩いて一気にできないものかと思ってSearch Console APIを使ってみることにしました。ということでGoogle APIs Client Library for PHPを使ってSearch Console APIを叩く手順をまとめました。... 続きを読む

Laravel SocialiteをベースにしてLaravelにLINE loginを実装するための手順

記事修正日

記事投稿日

LaravelにはオフィシャルパッケージとしてSocialiteというのが用意されています。これを使うとFacebook, Google, linkedIn, GitHub, BitbucketといったサービスでのOAuth認証を簡単に実装してくれます。プロバイダーとして使えるサービスはこれ以外にもたくさんあって、Socialite Providersにいくと有名どころのサービスのプロバイダーがもれなく用意されています。残念ながらLINEのOAuth認証がこのリストになかったので、自分で用意することになりました。ということでLaravelにLINE loginを実装する手順をまとめてみました。ここではLaravel側の手順を説明するため、LINE側でのビジネスアカウントの作成、チャンネルの作成、LINE Loginの有効化までは終わっているものとします。... 続きを読む